FC2ブログ
気が向いた時に更新する、日々の事(風俗体験談がメイン)を綴って行くつもりの日記です。
http://aster987.blog62.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
オキニのいる店で。
2007-02-25 Sun 20:45
またもや店員に文句を言われました。

私は、男性店員に厳しくて女性従業員に優しい人間なのですよ(笑)
だけど、厳しく言うからには自分が悪いと思った事はちゃんと律して、同じ過ちをしないように心がけています。
以前、時間がオーバーしてるからという理由でお叱りを受けたんですね、さすがに私もあの時間オーバーはやり過ぎだと思ったので、最近はちゃんと時間がきたら時間通りに出るようにしていたのです。

前回、行った時にちょっと体調的なものがあったのか、フィニッシュするのに時間を要しまして、久々に店員さんから「お時間です」とブースで言われてしまったんですね。
その時は、急いで着替えをして店を後にしたんですよ。

そして、今日。
順調にオキニとの逢瀬が終わりタイマーもなったので、早々に着替えて外に出ようとしたら、店員が「お時間です」って言いに来たのです。
「ん?ちょっと早くね?」って思ったけど急いで着替えて出る準備をして靴を履きながら美味しいラーメン屋の位置を説明してたんですね。
そして、店の外に出る途中まで、その話をして次の来訪を約束して店を出たんですよ。

そしたら、店員に呼び止められて「お客様、以前言いましたが時間をあまりオーバーされると困るのですが」と、かなり強い口調で言ってきたのです。
はぁ。。。うぜぇしダルイなぁって適当に流そうとしたら、くどく言ってきたので、こちらも反論させていただきました。

「店の何処に、「時間オーバーしたら罰金を取ります」って書いてあるの?」
「禁止事項の中に時間をオーバーしない事って書いてないじゃない。」

そしたら。店員さんがこう言いました。

「ウチは時間単価でお売りしていますので時間をオーバーされると困るんですよ。ちゃんと○分いくらって書いてありますよね?」

はぁ??何言ってんだ、こいつ。

「罰金が取りたかったら、店頭に「時間は厳守です、オーバーしたら○分につきいくら罰金を頂きます」って書いておいてね。」

と言ったんですよ。

そしたら、店員がキレ気味で話してきました(笑)
少し言い合いをして結局、「次回からはちゃんと時間を守ってください」って事を言って話を打ち切ってきたんですよね。
私も「ちゃんと罰金の事を書いておいてね。」と言い残して出てきました。

この店員は、どうも私の事が嫌いみたいですね(笑)
ムカつくので、オキニに「今月と来月は行くの辞めるわ」ってメール送っておきました。

次回行った時(多分3ヵ月後ですかね)ちゃんと問うてきますよ。
店員は確実に「時間単価でお売りしています」と言ったのですから、何処からが時間のスタートで何処までが時間の終わりなのか明確にしてくれとね。
そして、こちらが買った時間より少なくサービスが終了したら足りなかった分は金を返してくれとね。

時間単価で売るというのはそういう事なんですよ。

その辺りの多少の差異は、暗黙の了解だと私は思っていたんですがね。
時短される事もあれば、多少の時間オーバーもあると。

とりあえず、今月と来月のオキニ詣では中止です。
まぁ、その分は貯金か大阪資金に回しますよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | 体験談 | コメント:6 | トラックバック:0 
名古屋への交通費
2007-02-12 Mon 22:38
私は岐阜の人間なので、名古屋へ遊びに行く時は電車代が必要になります。
車で行ってもいいのですが、時間や駐車場を考えると圧倒的に電車による移動の方がいいのです。

そして、名古屋に遊びに行く時は常にこの電車代が微妙にネックとなります。
往復で900円、地下鉄を使うと1000円以上かかってしまうのです。

ただ、私の仕事は色々な職場を転々とする性質がありますので、その職場によって会社の支給する交通費で名古屋に遊びに行けるようになったりします。
そうです、定期券です(笑)
定期券なら全額支給なので、気にせず名古屋まで遊びに出れるのです^^

今回の職場は名古屋ですので、定期券がある為に名古屋へ遊びに行く負担が軽減されまたのです(笑)
職場の近くには色々なお店があるので仕事が落ち着いたら、遊びに行くのもいいかもしれません^^

何にせよ、定期券万歳です(笑)
別窓 | 戯言 | コメント:4 | トラックバック:0 
| まっつーの中部風俗チン遊記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。